歯ブラシ

口内トラブルを予防

院内

歯磨きによる予防

私たちは虫歯を予防するために様々な予防を行ないます。歯磨きも虫歯予防の1つとなっています。
虫歯は私たちが食べた食べ残しによって歯を溶かしてしまう物質を排出します。そのため食べ残しを歯に付着させないために歯を磨くのですが、歯の磨き過ぎも様々なトラブルを招いてしまう場合があるので注意しましょう。
象牙質である歯の神経が通っている部分を守るために覆っているエナメル質はとても丈夫な物質です。
その丈夫なエナメル質ですが、1回の歯磨きが長いと摩擦によってエナメル質が剥げてしまい、歯を守る層が薄くなってしまいます。
そのため、歯を長く磨きすぎると虫歯になりやすくなってしまう場合があるのです。
歯を守るために行なう歯磨きが逆に虫歯になりやすくしてしまう場合があるので磨き過ぎには十分注意しましょう。

先生が勧める予防

歯科の先生がもっとも勧める予防としては定期的に歯科に通って行なう予防となっています。
なぜなら、自宅で行なう予防方法には限界がある上に、虫歯になりやすい方はとくに自分でしっかり予防していても虫歯になってしまう場合があるからです。
自分で行なう予防もとても重要ですが、自分ではきちんと予防しているつもりでもきちんと歯を磨けていないという場合もあるので予防のためにも積極的に歯科を訪れた方が良いとされています。
歯科で主に受けられる予防方法は歯にエナメル質を強くするフッ素などを使用した方法や医師の細かな歯磨きの指導などが行なわれるのでしっかりと歯科の先生が勧める予防方法を取り入れていきましょう。

Copyright(c) 2015 自分に合った治療方法と歯科を見つける方法. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com